【地方営業マンは、ホテル事情にも詳しくなりましょう】

本日は番外編です。地方営業マンは仕事柄、出張も増えます。その際に、ホテルを確保できるかどうかはモチベーションや体調管理にも関わってきます。今回は、そんなホテル事情について参考になる記事を見つけたので、紹介をさせていただきます。なお、参考元は以下の記事です。http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278202/091000003/?ST=smart------------------------------------------------------------------------...

【地方営業マンは、No1セールスマンを目指せ】

地方営業マンは、都心の営業マンと比較しても、競合も社内でもライバルの数が少ないため、No1になるチャンスが生まれやすい。当然、地方エリアを本社とする会社では別ですが、それでも、地方営業マンは何かしらでNo1を目指すべきです。理由は以下3点です。①お客様から、一目を置いてみてもらいやすくなるどんなお客様であれ、自分が接する人間は「仕事ができるのか」をシビアに見ています。その仕事力を長い期間をかけてみる人も...

【地方営業マンは、ビジネスマンの集まる場所に身を置くべし】

関東など都心には、人がたくさん集まる場が無数に存在します。ビジネスマンの世界でも、勉強会や研修、商談、休憩などの目的で、同じような志向を持った人間が集う場所や機会に溢れています。しかし地方にいくと、そうした場や機会が急激に少なくなります。研修会社や勉強会も、やはり都心部に集中しているのが現実なので、自分で探しにいかないことにはなかなか多様なビジネスマンと交流する機会がありません。そこで私がおススメ...

【地方営業マンは、帰省時には町中を歩くべし】

地方営業マンの中には、転勤・単身赴任などで本社から派遣された方もいれば、出身は別エリアでも結婚・親の都合など、訳あって今は支店・営業所がある今の場所に住む事になった方もいらっしゃると思います。かくいう私も、神奈川の小田原という町が生まれ故郷ですが、社会人一年目の8月から福岡転勤になったので、福岡とは何の地縁もありませんでした。そんな「外様組」は、お盆や正月になると、一時実家に帰る方も多いかと思いま...

【地方営業マンは、競合情報の専門家となれ】

地方は基本的にコンパクトシテイのため、自社と競合会社の所在地が自然と近くなります。また、首都圏マーケットほどに担当会社や担当エリアが営業マンごとに細分化されていないため、地方マーケットでは訪問する会社やエリア特性を踏まえた提案なども、競合とかなり似通ってきます。そうすると、競合会社の営業マンの情報は、そのまま自分の担当クライアントにも影響してくるため、その情報や動きを逐一把握しておくことが重要とな...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。